運用業務改善サービス

月間300時間以上の工数削減実績あり!
「運用業務」の実態を可視化し、課題特定から改善までサポートします

「新規案件はあるのに受けられる環境がない」主な理由3つ

業務過多で運用者が疲弊、残業増加でこれ以上の案件を受けられない

個社別の対応が多く、属人化し、運用者が休めない状況が続いている

コア業務に集中したいが、オペ業務やミス対応等のノンコア業務に追われている

広告運用業務の7割を占める
ノンコア業務工数を解消することで解決に導きます

①可視化

誰が・どの業務に・どのくらい工数が掛かっているかを調査し、貴社の運用状況を可視化。調査内容は、案件、業務プロセス、対応内容、処理方法、工数、人員(体制、構成、スキル)など多岐にわたります。

②課題特定

可視化された情報と弊社の運用情報や過去の改善データと相対比較して、貴社にとってすぐに手を付けるべき短期課題から、改善インパクトの大きい中長期課題まで特定。

③施策立案

特定された課題に対して、標準化・自動化・品質改善・コスト削減・他部署連携・教育・商材拡大・あるべき姿など様々な視点から課題解決施策を立案。

業務改善例

残業時間の削減

入稿業務のマクロ活用で工数削減、平均残業時間が1/2に。手動作業が減ることで、ヒューマンエラーが減り、ミス率も1.3%→0.2%に改善。
※チーム25人の平均の残業時間

CUSTA導入後の売上の変化

同じ案件数を、完全内製化する場合は約2倍の人員が必要に。CUSTA導入後、コア業務(営業、提案活動など)時間が創出され、150%の売上成長を実現。

運用業務改善サービスの流れ

  1. 01

    キックオフ

  2. 貴社の状況や発生している課題、お悩みを伺い、目指すべきGOALについて支援大枠の方向性をディスカッション

  1. 02

    可視化

  2. 課題特定、施策立案に繋げるために貴社の運用状況を可視化

  1. 03

    課題特定

  2. 貴社データだけではなく、同業種データとの比較などから短期・中長期の課題を特定

  1. 04

    施策立案

  2. 課題解決に向け、多角的に判断して具体的に取り組む内容を決定

  1. 05

    実行

  2. 決定した改善施策の実行とサポート

  1. 06

    モニタリング

  2. 改善施策の評価や進捗状況を定期的に振り返り、リバウンド防止や新たな課題と解決に向けて取り組む

運用業務改善サービスの流れ

  1. 01

    キックオフ

  2. 貴社の状況や発生している課題、お悩みを伺い、目指すべきGOALについて支援大枠の方向性をディスカッション

  1. 02

    可視化

  2. 課題特定、施策立案に繋げるために貴社の運用状況を可視化

  1. 03

    課題特定

  2. 貴社データだけではなく、同業種データとの比較などから短期・中長期の課題を特定

  1. 04

    施策立案

  2. 課題解決に向け、多角的に判断して具体的に取り組む内容を決定

  1. 05

    実行

  2. 決定した改善施策の実行とサポート

  1. 06

    モニタリング

  2. 改善施策の評価や進捗状況を定期的に振り返り、リバウンド防止や新たな課題と解決に向けて取り組む

料金

まずはお気軽にお問い合わせください

初期費用

50万円 / 月

※取り組み期間に応じて
※状況次第で短期や3ヵ月以降の継続はご相談

月額費用

5万円

※取り組み期間に応じて
※状況次第で短期や3ヵ月以降の継続はご相談

月額費用

5万円

※モニタリング:月1定例会 / 業務改善レポート / チャットツール質問対応

月額費用

5万円

※モニタリング:月1定例会 / 業務改善レポート / チャットツール質問対応

お問い合わせはお気軽に